文化祭で屋台を出そうと決めた企画委員、実行委員の皆さん、お疲れ様です。どんなメニューを出せば皆に喜ばれるか、悩んでいることと思います。
    ここでは、文化祭の屋台に向いた簡単でおいしいメニュー、一風変わった新しいメニュー、ご当地グルメなどをご紹介します。
    今年の文化祭の参考にしてください。

    • 定番メニューは外せない!

    • ひと加工で作れて、持ち運びやすい

    文化祭の屋台でよく売れるのは、焼きそば、たこ焼き、フランクフルトのような、ひと手間で作れて、持ち帰りに便利なものです。

    今風なもの、おしゃれなものは、時として文化祭には向きません。筆者は、文化祭でタコス店をやって、大失敗しました。具はこぼれるわ、お腹には溜まらないわ、体は温まらないわ、で完全な赤字でした。
    皆さんは、こんな風にならないようにしてくださいね。

    • 文化祭で食べたい定番メニュー

    ・焼きそば

    ・たこ焼き

    ・お好み焼き

    ・フランクフルト

    ・焼き鳥

    ひと加工で作れて、食べやすものがおすすめです。テーブル席が混んでいても持ち運びしやすいもの、歩きながらでも食べられるものがよく売れます。

    • 女性に人気!スイーツ系屋台

    • 材料が安く、歩きながら食べられる

    文化祭は女の子が多いので、スイーツ店も売り上げが伸ばせそうですね。
    スイーツは、食べ物ほど売り上げは期待はできません。
    もし屋台でスイーツ店をやりたいなら、ポイントは作るならひと加工で作れること、単価が安く、売れ残った時でもダメージが抑えられるようにしておくことです。

    今流行っているもの、おしゃれなものは、意外と売れません。今流行っている、ということはまだ知名度が低いかもしれないからです。

    皆が親しんでいる定番のスイーツの方が認知度が高く、売り上げも期待できます。

    • 文化祭で人気のスイーツ

    ・チュロス

    ・ワッフル

    ・クレープ

    ・チョコバナナ

    • つい立ち止まってしまう駄菓子屋さん

    昔懐かしの駄菓子屋さんも文化祭の屋台、模擬店で人気です。
    仕入れ値も安いですし、輪投げ、射的などのゲームと併設するのも楽しいです。

    • 世界の味に挑戦!

    グルメな屋台をやりたいなら、アジア料理かファースト・フードがおすすめです。

    ・ハンバーガー

    ・フィッシュ&チップス

    ・肉まん、中華まん

    ・チジミ

    ・トッポギ

    • 日本伝統の味!B級グルメ!

    日本の伝統の味に挑戦したいなら、B級グルメがおすすめです。

    ・富士宮風焼きそば

    ・焼き芋

    ・イカ焼き

    ・餃子

    • まとめ

    いかがでしょうか?

    どんなメニューを選ぶにしても、作りやすいこと、持ち運びしやすいことがポイントです。売れ残る可能性を考え、材料費がかからないものを選ぶと、もしかしたら売り上げが黒字になって、収入になることもありますよ。
    お客さんに喜んでもらえる屋台を作って、楽しい文化祭にしましょう。

    Read more

    文化祭は、他のクラスやサークルはやっていないカッコいい出し物をやりたい、と悩んでいる学生さんが多いのではないでしょうか?
    今、話題の最新のダンスや機材を取り入れれば、他とはちょっと違う演出が出来て、他の出し物に差をつけられますよ。
    出し物のヒントとなるアイデアをご紹介します。

     

    定番のショー・イベント5選

     

    学生の皆さんには、最大の学校行事である文化祭。仲間と一致団結して、ひとつの出し物を作り上げた感動は、忘れられない青春の思い出になります。

    パソコン、インターネットの普及で、かつてより映像や音楽が作りやすくなった現代、学生の皆さんはどんな出し物をやっているのでしょうか?

    皆さんの情報を頼りに、人気・定番のショー・イベント系出し物のトップ5を選びました。

     

    • 第5位 お化け屋敷

    文化祭の出し物としては、伝統的に人気があり、行列ができることもあります。
    ネットの普及で作り方や材料などの情報が得やすくなったことから、近年、ますますメイクも仕掛けも本格的になり、本当に怖いお化け屋敷が増えているようです。

    作る人もお客さんも楽しめるのが文化祭で根強い人気の理由のようです。

    • 第4位 映画上映

    ハンディーカメラがなくても、スマホひとつで簡単にムービーが撮れ、編集も出来てしまうことから、プロ顔負けの作品を作る学生さんも多いようです。

    事前に作って上映するので、演劇のように当日の感動はありませんが、力作に対するお客さんから感想や、反響が返ってくるのは、言葉に言い表せない感動です。

    • 第3位 ダンス

    アイドル・グループの振付をクラスで完コピするのが、昔からの伝統として残っていますが、創作ダンス、演劇色を取り入れたモダン・ダンスに挑戦する学校も。

    クラス全員が参加するダンスは、仲間同士の結束力が発揮される瞬間であり、やり終えた達成感は思い出に残ることでしょう。

    • 第2位  演劇

    クラス全員がそれぞれの得意分野で参加できることから、挑戦するクラスが多いようです。パソコンの普及で音楽や映像を取り入れやすくなったことで、完成度の高い演劇を製作する学生さんも多いようです。

    脚本選びや衣装、メイクなど、当日までの準備が重要になりますが、ひとつの作品を上演し終えた後は、仲間との絆も深まります。

    • 第1位  合唱

    やはり今も昔も変わらない出し物のようです。

    練習を熱心にやる人とさぼる人がいたり、上手い人が目立って妬まれたり、と何かと揉め事は多いのですが、練習を嫌がる男子も最終的には協力的になり、何だかんだで当日は乗り切れるものです。

    音楽でひとつになれる経験は、大人になったらそうあるものではありません。

    リーダーがクラスをまとめるのは大変ですが、一度しかない学生時代、目いっぱい謳歌してください。

    次は、新しく文化祭でブームになっている出し物をご紹介します。

     

     

    今、注目のフラッシュモブ!

    • 結婚式で人気の出し物が文化祭にも

    フラッシュモブとは、ニューヨーク発祥の路上で行うゲリラ的なダンス・パフォーマンスのこと。

    結婚披露宴で客席に座った人たちが突然、立ち上がり、踊り出す、サプライズ的に行う出し物として広がりました。
    「文化祭でやったら面白い」という学生さんが出始め、その面白さ、楽しさがじわじわと浸透しているようです。

    • ダンス、演劇に取り入れる

    サプライズ要素が強いため、本気でやろうとしたら、綿密な下調べと打ち合わせ、ダンスの練習が必要になります。

    公共の場所ではなく、ステージ上で。ダンス・パフォーマンスとして、演劇の一部として、やりましょう。

    公共の場所でやるなら、先生の許可を得た上で。現実には、ステージ以外の場所で行うのは避けた方がよさそうです。

    • 曲の選び方

    バラード、熱唱系の楽曲は避けましょう。

    誰もが知っている曲、親しみやすい曲、踊りやすい曲を選べば、たくさんの人が楽しめます。

     

     

    意外とできる!プロジェクションマッピング

    • パーティー・イベント、映画館のロビーなどから広がる

    プロジェクションマッピングとは、コンピューターで制作したCG映像を建物をスクリーンにして上映する映像アートです。
    結婚披露宴のようなパーティー会場や映画館のロビーなどで上映されるようになり、人気が広がりました。

    近年は、学校の部活動で制作し、文化祭で上映する学校も増えているようです。

    • 必要な機材

    規模を変えればなんと自宅でも応用は可能なのです!必要な道具は次の3つ。
    1.パソコン 2.プロジェクター 3.VJソフト
    3Dモーショングラフィックソフトや映像編集ソフトなど高いソフトは必要ありません。映像が作れなくてもOK,自分で撮った動画やロイヤリティフリーの映像素材を上手く使いましょう

     

     

    これも定番!お化け屋敷

    セットにこだわろう!

    お化け屋敷は、暗くなければ怖くありません。そして、暗いのですからメイクや衣装は見えないのです。
    怖いお化け屋敷を作るためには、こだわるならお化けではなくセットです。
    お墓、棺桶、病院、血がついた壁など、シチュエーションに合わせた小道具をリアルに作れば、怖いお化け屋敷になります。

    通路は狭く

    どこで何が出てくるか分からないのがお化け屋敷の怖くて楽しいところです。仕掛けを見破られないようにするには、中の人の動きが分からないように、衝立や暗幕をしっかり立てなくてはいけません。
    すると、必然的に通路が狭くなります。狭い通路、怖いですよね。お化け屋敷を作るなら、通路は狭くしましょう。

    照明で不気味さを演出

    暗い通路は怖いですが、あまり暗いとせっかく作ったお化けや小道具が見えません。明るい日差しの中ではどうってことのない物でも、人の顔が見えにくくなる薄暮の時間帯は何が動いても怖く見えます。怖いお化け屋敷を作りたいなら、照明にこだわりましょう。見せたいものは見せて、見せたくないものはうまく隠しましょう。

     

    ストップモーションの作り方

    スマホの登場で写真が手軽に編集できるようになりました。ストップモーション映像の制作も楽しくておすすめです。

    1・被写体を少しずつ動かしながら写真撮影します。地道な作業ですが、これが終われば、ほぼ完成です。

    2・写真をPCに取り込みます。

    3・ストップモーション・アプリで編集します。

    自分のセンスで編集したら、完成です。

     

     

    まとめ

    いかがでしょうか?

    文化祭は、やる気のある人、ない人が分かれるので、誰でも知っている定番のジャンルに流行りのものを取り入れることがクラスがまとまり、全員が楽しめるコツかと思います。
    1度しかない学生時代です。思いっきり楽しんで、青春の1ページを残して下さいね。

    Read more

     

    文化祭を知らせるポスター。学校周辺に貼られ、地域の人たちはポスターで文化祭があることを知ることになるので、ポスターは文化祭の「顔」と言っても過言ではありません。
    今年の文化祭、いつかな? 面白そう、行きたい、と思ってもらえるポスターを作りましょう。

    • ポスターを作ろう

    文化祭の準備でまずやるのがポスター作りです。校内の一大イベントである文化祭の顔となるポスター。大体の場合、ポスターはひとつです。
    全校生徒が自慢できるようなポスター、皆さんの学校では誰が作っているのでしょうか?

    • 美術部のエースに依頼

    絵が得意な生徒を一本釣りして依頼する。美術部部員、美大を目指している生徒、絵画で賞を獲った生徒がターゲットになる。
    3年生は受験勉強や就職活動で忙しいので、2年生が描く場合が多いようです。

    • 校内で募集して投票で決める

    全校生徒から応募を募る。実行委員が優秀な作品数点を選び、廊下に張り出して、どれがいいか生徒の投票で決める。
    イラスト自慢が腕を競い合うことで、校内が盛り上がるようです。

    • 実行委員がグループで制作する

    実行委員にポスター制作要員として絵のうまい生徒を数名、抜擢し、グループで制作する。
    グループでアイデアを出し合うことで、学校の伝説に残る名作が生まれることもあるようですよ。

    • レイアウトは?

    ポスターの要となるのがレイアウトです。文化祭のタイトル、スローガン、日程などをアピールし、かつカッコいいデザインにする、レイアウトのコツを挙げてみます。

    • タイトルは左上に!

    人は物を認識する時に、まず左上から見るようになっています。通常のポスターも、重要事項は左上に集中しているはずです。
    タイトル、日時など、大切な事項は左上に左詰めで描くと記憶に残ります。

    • タイトルは全体の1/4のスペースで

    文字と他のバランスは、このくらいがちょうどいいようです。

     

    • イラスト、写真は右下に

    メイン・ビジュアルを中央に置こうと考えがちですが、右下に置くことでよりインパクトが強くなります。

     

    • 必ず余白を残す

    タイトル、日時、イラスト、写真を配置した後、残った余白はそのまま残しておきましょう。

    これらの情報を目立たせる効果があります。

    • 注目されるポスターの貼り方


    カッコいいポスターが出来たら、沢山の人に見てもらえる場所に貼りましょう。

    学校周辺の商店街や駅前など、人通りが多い場所がいいですね。

    ポイントは、ポスターを貼る高さです。
    高すぎる場所では何が描いてあるのか見えないし、低すぎてもカッコ悪いです。

    ポイントは、「目の高さより下」に貼ることです。
    目の高さより下に貼ることで、歩いている時でも目に留まりやすくなります。
    人は歩いている時は、何か考え事をしていたり、話したりしているものなのです。
    そんな時、目線は低くなります。
    ポスターが自然に目が留まるようにするためには、少し低い場所に貼るのがいいようです。

    • ポスターのアイデアの見つけ方

    ポスターのデザイン、色、イラストなどは、過去のポスターを参考にしてアイデアを出しましょう。

    文化祭は学校行事なので、作る人の個性が出すぎてはいけません。

    前年、それ以前のものや他校のポスターなど、様々な同列のポスターから外れすぎず、かつ一歩前進させるのです。

    人間は、既存のものとあまりに違うものには、好ましい感情を抱きません。
    これまでと似たテイストでありながら、新しい息を感じられるポスターが「カッコいい」と言われるポイントのようです。

    • オリジナルの始まり!学校のポスターを参考に

    文化祭は学校が地域に開放される数少ない行事です。将来、この学校に行きたいと希望する子供達やその家族の皆さんも来場するので、学校の宣伝用ポスターもヒントになります。
    学校宣伝用ポスターが明るく楽しいイメージなのか、体育会系なのか、アバンギャルドなのか、それに合わせて同じ路線で作るのも、ひとつの方法ですよ。

    もしポスターに自信がないけれどオリジナリティあふれるものを作りたい!という方もいるかと思います。そんな時はオリジナルタオルを作成してみても良いかもしれません。タオルならば必要な時だけみんなにみせられますし、実用的でもあります。

    • まとめ

    いかがでしょうか?
    文化祭の顔となるポスターですから、責任重大かもしれませんね。この他にもポスターデザインに関する情報はたくさん出ていますから、それを利用して、楽しいポスター制作をしてください。

     

    Read more

     

     

    文化祭は、部活動の発表があったり、ステージでバンド演奏をしたり、合唱をしたりと、一年の成果を発表する文化の祭典です。
    昨今は、ネットの普及により情報が得やすくなり、校内の装飾も学生とは思えないクオリティーに達しています。
    今年はもっといいものを作りたいという学生の皆さんに、校内の装飾物のヒントをご紹介します。

    • 文化祭看板・横断幕

    • 看板 最近の傾向

    正門周辺や昇降口に飾られる看板。「〇〇祭」と書かれた、まさに文化祭を知らせる大看板や部展、クラス展を宣伝する看板などがあります。

    自分たちの展示会場を知らせるものだけあって、中には「作品」ともいえる凝った看板もあります。

    • 段ボールを有効活用
    • 長方形にこだわらず、自由にはみ出している
    • 立体的
    • お化け屋敷の看板はリアルに怖い

    看板に使っている素材は、画用紙の他

    • ベニヤ板
    • 段ボール

    絵具は、

    • イベントカラー
    • ネオカラー
    • フラッグカラー
    • 水性ペンキ
    • アクリル絵の具

    だそうです。

    • 横断幕

    文化祭の日時や、その年、部活動やスポーツ等で優秀な成績を残した生徒について知らせる横断幕。

    PCを使い、自分たちで考えた自由なデザインが作れるようになりました。また、プリントも安くでき、身近になったこともあり、
    横断幕は生徒会役員や文化祭実行委員が考え、予算に合わせて地域の印刷会社に頼んでいるようです。

    • クラスの個性が出る教室を飾る

    クラス展、部展を行う教室の飾り付けも年々グレードアップしています。新しい素材や描材を使い、教室がクリエイティブな「作品」に変身しています。

    • 風船をつなげて巨大バルーン・アート
    • 発砲スチロールをくり抜き、飛び出す文字に
    • ダンボールを有効活用

    共通してみられるのが「立体的」であるということです。3D映画が定着しつつある時代ならではでしょうか。

    • 学生の特権!黒板アート!

    黒板に絵を描くの、楽しいですよね。
    授業にパソコンを使用することから、ホワイトボードを使用している学校が増えているようですが、まだまだ黒板とチョークは健在。
    文化祭の装飾に、黒板アートも取り入れられているようです。中にはプロ並みの腕前を披露する生徒も。

    • 文化祭オススメの装飾

    文化祭の看板、飾りつけも3Dの時代になりました。現代の学生にかかれば、校舎そのものがひとつのキャンバス。あらゆるところに装飾を施しています。

    • ガラス窓
    • 階段
    • 校舎に挟まれた中庭の上空にバルーンアート
    • まとめ

    いかがでしょうか?
    文化祭とは、高校生・大学生がクリエイティブのエネルギーを一気に吐き出す期間ですね。
    ゼロから1を作り上げるパワーがあるのが学生です。個性の発表の場、文化祭で余すところなく実力を発揮させて下さいね。

    Read more